自分の欲望に負ける前に

若い女性に強制わいせつをしたとして逮捕された21歳の男性。
女性経験がなくて襲うしかないと思ったって、あきれる言い訳ですね。
まだ21歳でしょ。
これが51歳とかいうのならともかく、まだ若いじゃないですか。
それに男性だったら風俗だってあるのだから合法的に利用すればいいんですよ。
相手の女性は仕事のプロなのだからお金さえ払えばいい。
女性用の風俗があるのかな?あるとしても男性よりも少ないだろうしハードルも高いでしょう。
男性ならではのお店があるんだからそちらを利用しようとなんで考えなかったのか。
襲われた女性は一生の傷をつけられるんですよ。
女性の家族もそうですし、自分の親族も傷つける。
自分の欲望に負ける前にググれ!

違和感のないファッション

とあるジーンズの新作CMを見ました。
足元はシャープにって言っていたけど、ぜんぜんシャープには見えません。
しかもモデルは高身長の外国人ですよ。
日本人よりも足は長いしスマートな人が履いているのにシルエットがかっこよく見えない。
これを足の短い、身長の低い人が履いていたら目もあてられないでしょ。
まあ、私はおしゃれな人間ではないので、流行に敏感なおしゃれ人からしたら新しいおしゃれってことになるんですかね。
ファッション誌で今のトレンドって紹介されているものでも、似合う人は選ばれし者ってことがありますからね。
己を知っているつもりでも夢を見たくなるというか・・・(笑)
おしゃれじゃなくて良いから、違和感のないファッションをしたいです。

角膜の細胞を移植

iPS細胞から作った角膜の細胞を移植して視力が回復したというニュース。
とうとうここまできたか!という感じですね。
このニュースはテレビでも会見を見たんです。
そしてたら、患者さんがほぼ見えるようになったと喜んでいたとつたえた教授の嬉しそうな顔を見て、こちらも嬉しくなりました。
その教授が普段どんな人かは知りません。
もともと喜怒哀楽がある人なのかもしれないし、よく笑う人なのかもしれません。
でも一見してちょっと小うるさそうな男性が、嬉しそうにそう言った時の顔はなんともいえないものでしたよ。
本当に、心の底から嬉しいんだなってわかってしまい、こちらも笑顔になりました。
iPS細胞を聞くようになってけっこうたっていると思いますが実用化のニュースがもっと聞きたいですね。

大地主のゴミ屋敷

物心ついてから引っ越しをしたことがありません。
少し離れた所に住んでいるジジイのことは大嫌いだしさっさとどこかに行って欲しいとは思うけれど今のところは普通に暮らせる程度です。
大地主のゴミ屋敷、というのテレビでみました。
資産は10億円と噂でゴミの中に高級ブランド品があるとかはじめてのパターンだな。
しかもオークションが趣味で届いても開封しない、別邸で本当の家が他にある。
高級車がたくさんあり、またそちらもゴミのように高く積まれていて異臭がある。
年収5000万円って自分で言っていて、家政婦がやめてしまって、片付ける人がいなくなったそうです。
お金があるんだからさっさと雇えばいいのに。
豪邸ゴミ屋敷なら問題解決はお金でなんとかなりそうですね。

高齢者カートによるトラブル

高齢者カートによるトラブルが多くなっているようです。
車の免許返納をする動きが加速するのは良いことですが、まさかの展開です。
高齢者が乗るカートの需要が増えていくのは当たり前ですけけどこちらでも運転トラブルがあるのだと困りますね。
37万とか私の原付バイクより高いのにも驚きです。
介護認定を受けている人は月額2700円でレンタルが可能というのなら、そりゃあ、たくさんの人が利用するでしょうね。
早歩きくらいのスピードが出るみたいです。
まあ、車に乗られてのトラブルよりは人を巻き込んだ事故は起こしにくいでしょう。
カートに乗っている方の命が危ないですね。
だって車と同じように道路を走ったり飛び出しとかあるのだからドライバーの方が怖いでしょうね。

この人は頭が悪い

「自分たちの子供やお孫さんには子供は最低3人産んでもらえるように言って」
桜田前大臣の発言です。
この人は頭が悪いんだと思います。
1回、2回、3回だって多いのに失言のオンパレード。
失言量産機です。
ただの失言というレベルじゃなくて完全にこの人が全身で人に対する配慮を持ち合わせてないんですよ。
千葉市の自民党議員のパーティで少子化問題の話題で出たそうです。
復興以上に議員が大事と、その議員のパーティで発言して辞任したばかりですよ。
録音も普通にされているだろうからとちょっとくらい気を付けられないのか?
お世話している人達も大変でしょうね。
自民党では発言についてのマニュアルを出したけどあんな人は読んでないんでしょうね。

過剰包装はいらない

100円均一のお店は職場にも自宅にも近い位置にありますので、よく行きます。
でも300円で売っているスリーコインズは、近場にはありません。
行こうと思っていたショッピングセンターに、スリーコインズがあると知ってネットで商品を検索してみました。
事前に買いたくなるかもしれない情報検索はついついしてしまいます。
その中でアイシャドウがいいなと思って、行きました。
でもいざお店で見ると、そんなに良いとも思えず・・・。
いつものパターンだとやっぱりやめたと思って買わないのですが、アイシャドウは1色150円なんですよ。
スリーコインズなのに!2個買ってレジに持って行ったら一個ずつ白くて薄い発泡スチロールで巻きだしたんです。
そんな過剰包装はいらないから!と思ったけど言えませんでした。

使い切らないアイテムの代表格

スリーコインズが入っているショッピングモールに行きました。
あらかじめ、おすすめ商品とかを調べて行ったのでスムーズに買い物ができましたよ。
いざ商品を目の前にすると、ちょっとイメージと違っていたかも?と思いました。
アイシャドウなんですけど、だいたいサンプルがあったので実際に中身が直接見れました。
似たような色は持っていますがくすんだ色で好みかなって思ったのでやっぱり買いました。
なんといっても1個150円ですからね。
アイシャドウって使い切らないアイテムの代表格ですよね。
メイク道具も消費期限がありますからね。
割れて粉々になっちゃうこともあるけど、それを再生する方法もあります。
でもそこまでして使いたいような高額なものは買わないので結局は買い換えちゃいますね。

「職場にお土産」

「職場にお土産」の風習は買ってくる人は大変だなと思っていました。
しかし女性社員から不満の声が続々というネット記事を読んで、こちらにも賛同しました。
お土産を買ってきたあとに、その人達はどうするか?
男性だと100%、女性に渡して終わりですね。
私の職場でもそうです。
それが迷惑だ!という意見です。
そういわれてみればそうですよね。
私の職場では配る専用の人がいるんですよ。
他の女性たちは忙しいときに迷惑とか新入社員とか不遇の人が配ることをさせられるとのこと。
あとは切り分けなければならないものをもらうと迷惑、などなど。
私の職場では配る人(ご年配の薬剤師さん)に断りなく配ると面倒になるということがありますけど、配るのも嫌ですね。

短編がすごく上手いという印象

最近知った作家さんの“長岡弘樹さん”
この作家さんは短編がすごく上手いという印象です。
なにやら偉そうな一言になってしまいましたが、事実です!
いろんな業種のいろんな人達のお話しがあって、よくこんなに思いつくなと。
気になるのは登場人物の名前が実在する人に被らないようにしているのかな?というところです。
キラキラネームというわけではなくて、ちょっと変わっている。
みんながみんなそうなので、拘りがあるように思えました。
あと、すごく嫌な人?って感じた人も話しが終わる頃には良い一面も明かされるのでどの話しも読後にモヤモヤすることがありません。
そこが長岡さんの味になっていてとても好感が持てます。
長編が読みたいのですが短編ばかりなんですね。