角膜の細胞を移植

iPS細胞から作った角膜の細胞を移植して視力が回復したというニュース。
とうとうここまできたか!という感じですね。
このニュースはテレビでも会見を見たんです。
そしてたら、患者さんがほぼ見えるようになったと喜んでいたとつたえた教授の嬉しそうな顔を見て、こちらも嬉しくなりました。
その教授が普段どんな人かは知りません。
もともと喜怒哀楽がある人なのかもしれないし、よく笑う人なのかもしれません。
でも一見してちょっと小うるさそうな男性が、嬉しそうにそう言った時の顔はなんともいえないものでしたよ。
本当に、心の底から嬉しいんだなってわかってしまい、こちらも笑顔になりました。
iPS細胞を聞くようになってけっこうたっていると思いますが実用化のニュースがもっと聞きたいですね。

コメントは受け付けていません。