好きになれないキャラクター

初読み作家、白河三兎さんの[田嶋春にはなりたくない]を読みました。
大学生の田嶋春、ニックネームは「タージ」
彼女は空気を読むということを全くせず、思った通りに発言して行動する。
だから大学でも浮いた存在です。
奇抜なキャラクターっているものですけど、ここまでふりきれて我が道を行く人だと、しょうじき鬱陶しい以外のなにものでもないです。
短編でそのストーリーごとにタージと関わる人が変わっていきます。
最終的にはおさめる所におさめる風ですが、ちょっとどうかと思うばかりです。
最後まで読んでも私は彼女が好きだとは思いませんでしたし、なんだかんだいってほだされる登場人物たちに対しても微妙な気持ちになってしまいました。