心臓の回りにつく脂肪

心臓の回りにつく脂肪はとても危険です。
100ccまでは許容範囲ですが140ccから150ccが心臓についていると心筋梗塞になる確率が高いです。
見た目はそんなに太っていなくてもついている人がいます。
皮下脂肪や内臓脂肪でためきれなかったとき、お腹の内臓や心臓に脂肪がつきます。
もともと太っていない人は脂肪を貯め込むところがないので、急に太ると本来はつかない心臓などにたまってしまうことがある!
太っている人は脂肪がつくべきところにつくので意外とそこは大丈夫なようです。
お腹ポッコリは危険って言葉にドキっとなりますね。
内臓脂肪はつきやすいけどはがれやすいので、今の生活からちょっとづつでも変えていくと改善できます。
炭水化物のとりすぎで太るってことに気を付けましょう。