日本語って難しい

日本語って難しい。 母国語である日本語しかできないのに完璧ではありません。 私には兄の息子(甥っ子)と妹の子供(姪っ子)がいます。 甥っ子と姪っ子からすると私は「おばさん」なわけです。 実際は、名前プラスちゃん付けで呼んでもらっていますけどね。(笑) そのおばさんですが、漢字にするとそれぞれ違うわけです。 「叔母さん」は、甥っ子に対しての漢字。 「伯母さん」は、姪っ子に対しての漢字。 わかりにくいにし覚えにくい! 母って言葉はともかく、もう片方の漢字がもう少しピンとくるような漢字だったら良かったのに。 わからないまま「おばさん」って使うと年齢的に適齢期を過ぎた女性の名称の「オバサン」みたいですよね。 自分の知識の無さを露見させているようにとらえられることになります。 ちょうど甥っ子と姪っ子がいるのだからこれを機に覚えてしまいたいです。