姪っ子帰還

ここ一ヵ月ほど姪っ子が近くにいたのでいなくなるととても寂しいです。
もうずっと里帰りしていればいいのにと思ってしまいます。
小さい子と接する機会があまりなかったので、姪っ子がはじめてと言っていいほどです。
舌ったらずに名前を呼ばれるとそれだけで癒されちゃいますよ~。
最近は妹と自分で持ち上げようとしたり、お腹をぽんぽんとしてあげたりと[おねえさん]の一面が見られます。
姉妹の写真を撮ろうとして生後10カ月の妹を前、おねえちゃんがその後ろで抱っこをさせました。
かわいらしい写真を撮ろうと家族は四苦八苦していましたよ。(笑)
だんだんあきてきたおねえちゃんが後ろに倒れて、妹も一緒に倒れたりして…。
子供の笑顔は家族を温かい気持ちにさせてくれます。
今は懐いてくれるけど、すぐに忘れられちゃうんだろうなと思うと切ないです。
自分の記憶なんて小学校低学年くらいからしかないですもん。
昔住んでいたところのご近所さんに、私はベッタリだったと小学生のときに言われました。
でも2.3歳の頃の話しでさっぱり覚えていません。
人見知りしている小学生の私はご近所さんは、知らない人です。
姪は遠くに住んでいるので、会える機会はなかなかないです。
大きくなっても懐いてもらえるおばさんでいたいです。