急がば回れ!!!

急がば回れ、という言葉あります。人間、いつまで健康でいられるかなんて分からない。
眠りにつくときに、いつも今日も健康で無事に過ごせたことを感謝するようにしています。
いったいいつからやっているかというと、自分でもおも思い出せません。
決まり事として自分に課しているわけではありませんよ。
感謝せずにはいられないからです。
感謝くらいしかできない自分がまた情けないんですけどね。
夏は血液の流れが悪くなって脳梗塞をおこしやすくなる季節でもあります。
直前まで普通に出来たことが、突然できなくなるのがサインになります。
こういうのって自分で気が付くよりも、いつも一緒にいる家族とかが気が付くことが多いんですよね。
相手に関心を持って暮らしていれば防げる病であれば気付きたいですよね。
車間距離を詰めて走るより一定の距離を保っていた方が停止も少ないし渋滞にならないんですって。
エレベーターも満員になっているときに強引に乗らない方がいいそうです。
その満員のエレベーターを見送って、次のに乗る方が良い理由!
空いているし、建物の構造上で下手したらさっきのエレベーターよりも早くつくこともあります。
ずっと待っていてきたら、人がいっぱいで嫌な気持ちになるってありますよね。
そこで強引に乗るのは賢い選択ではないんですね。
このことを知って、今後は見送るようにしようと思いました。
あとは車間距離ですね。
なんでこんなに遅く走るんだ?って車があってもイライラせず、車間距離を守ります!

位置は大切です

どこのお宅でもある冷蔵庫。
卵の置き場は扉にするのは不向きなんですって。
でも昔の冷蔵庫は扉が卵を入れる場所でしたよね。
ちなみに現在のうちの冷蔵庫は扉ではありません。
扉というのは冷蔵庫のドアの開閉で温度と湿度の変化が大きい場所になってしまいます。
温度変化は卵にとっては大事なこと!
卵を揺らすと鮮度が落ちる原因になるからです。
冷蔵庫の奥がいいけれど、冷蔵庫の冷風があたらない場所がベストなんだそうです。
それは冷風が直接あたってしまうと黄身が凍ってしまうからです。
んん?でも最近は卵を凍らす冷凍卵って流行ってますよね。
中途半端に凍らせるのはおいしくないということかな。
暑くなるこの季節は冷蔵庫の開け閉めにも敏感になりますよね。

分煙が必要なところ

煙草を吸う人の気持ちはさっぱりわかりませんし、受動喫煙もあるから心底迷惑です。
しかし学校の教員が校舎内は全面禁煙のために学校の外でコソコソと喫煙するのもおかしな話しだと思います。
吸わない人にしては禁煙は大歓迎です。
しかし吸う人がいる以上は分煙を進めるべきだと思います。
そもそも、学校の外で吸われたら近隣住民の迷惑だし先生がコソコソ隠れるように吸っているのはかっこわるいです。
隠れて吸わなくてもいい人達が隠れて吸っているのも変です。
学校の中で喫煙室をつくればいいのにと思います。
煙を外に出すのではなく空気をクリーンにする機械も必要ですね。
そのお金はどこから出てくるのか、など細かいことは分かりませんが企業も行っていることなのでその方がいいと思います。

あら不思議

普段自宅で使うものに関しては見た目よりも安い値段で快適に使えるかということを重要視しています。
そりゃあ、もちろんおしゃれだったり可愛かったりするインテリアはいいと思いますよ。
でもそのスタイリッシュさなどには金額も加算されていますよね。
誰も見ていないのだから多少無骨でもいいやと思っているんです。
たまには値段も安いけれどそれなりに気に入ったものというのに出会うこともあります。
購入時にお店で見ていたときは、ここがああだったらとか違う色があったら・・・なんて思いつつも値段が安いから仕方がないと決めたものがありました。
自宅に帰っていざ使いだしたら、あら不思議。
お店で見ていたときよりもなじむし、見た目もいい。
こんな出会いもあるんですね。

失敗の末に

今日の朝、新しいティッシュボックスを出したのにもう3分の1くらいしか残っていないというこの状況がきついです!!
昨夜から鼻水が大量に出てきてクシャミだらけです。
私の場合は慢性鼻炎なので花粉が飛んでいるとかいないとかで左右されることはありません。
ほとんど一年中悩まされているからです。
今日みたいに急にこのような症状になることがあります。
いつもは原因不明ですが今日はその犯人がなんとなくわかります。
通販で購入した洋服がすごく変な匂いがしたんです。
科学的な匂いというか、とにかく嫌な匂いでした。
素材感は好きだけど満足できないもので購入しなければ良かったと後悔していました。
それが部屋にあるからこのクシャミが出るのではないかと疑っています。

指の怪我は嫌ですね

お風呂から上がったときに、ずるっと滑ってしまい壁に指をこすりました。
一瞬の焼けるような痛さのあとに思ったうより血が出てしまいました。
お風呂上りで皮膚が柔らかかったのと体温があがっていて血流もよかったことからでしょうね。
左の中指だったんですけど薬を塗ってバンソウコウを貼りました。
指の怪我ってたいしたことがなくてもけっこう痛いですよね。
そして痛い場所に限ってよくぶつけてしまうんですよ。
普段の行動で指がたくさん触れるようなことになっているってわかりました。
引き出しを閉めるのも手のひらからではなく、第二関節あたりでそのまま押していれていたって自覚はありませんでした。
あたる度に「痛い!」ってなってしまいましたよ。

日本の技術

日本の技術はなんでも凄いと思っていますが、人間と高速でジャンケンをして必ず勝つロボットは一体なんの役に立つんだろうかと遠い目になりました。
しかし!やっぱり役立つことがあるんです。
人間が出す手を撮っていてそれに勝つものを出すというのは、すごい速度で本を読み込むことにもつながるのです。
図書館などのデーター化が高速で出来るというのにこれはすごいとうなずけます。
紙の資料や本をデーター化するのは時間がかかります。
だってすでに紙に印刷されているものを開いて取り込むわけですから。
この技術は世界でも注目されているそうです。
拘束二足方向ロボットは倒れそうになると次の足を出すという動作で人間の走り方に近いものでした。
さすが日本!というものが日々つくられているんですね。

このドラマはかわったドラマだなぁと思うのがテレビ朝日で放送している、“Doctors”です。
ドラマの主人公らしからぬ人が主人公なんですよね。
いろいろなことを根回しして人をコントロールしているのが笑顔なのにちょっと怖いです。
まあ、患者さんのためにという信念があって自分の利益を追求しているわけではないので正義と言えば正義の人なんですけどね。
正統派ではないところがかわっていておもしろいです。
このドラマが視聴率が良いのはそこともうひとつ、悪役である医師のキャラクターもあるでしょうね。
ちょっとというかかなりやりすぎな演技でも、見ているうちに普通に受け入れてしまいます。
自分勝手な人だけどどこか哀れなんですよね。
ちょっとマンネリ化はしてきましたが見続けたいと思います。

ストレスを解消するには

ものをぶっ壊すようなストレス発散はしたくありません。
壊していいものなんてないですからね。
そもそも壊してから片づけてくれるような親切な人はもちろんいませんので、自己責任になります。
片づける手間を考えたらそんなことはしたくないし、家族に迷惑をかけたくもありません。
同居している家族に発覚することなく何かでストレス発散がしたいです。
ガラス窓やドアなどにたたきつけると、べにゃっとくっつくやつ。
あれってなんて名前だったかな。
あれをやると少しはストレス発散になるんでしょうか。
少なくともなにか物を投げつけて壊したりして自己嫌悪になることはなさそうですけど、物足りないような・・・。
それでも何かを破壊する行為はやはりしたくないので買ってみようかなと思います。

多国籍の学校と地域

横浜市のとある地域には11か国もの住人がいるそうです。
だからバイク進入禁止の6ヶ国語で書かれています。
4585人の内に3分の1が外国人。
ベトナムやカンボジアなどのお店がたくさんある。
小学校も半分以上は外国籍や帰化した子供達です。
日替わりでその国の言葉で挨拶をすることをしていました。
日本語の習熟度によって分からない子に合わせて授業をしているとか・・
ものすごい親切じゃないですか!
だって私立じゃなくて普通の公立での話しですよ。
日本語を話せない親が多いので子供に教えるのが大切だと教諭たちは考えているわけですね。
そして子供は習得が早いので親子の会話が大変みたいです。
多国籍の中で育つ子供は広い視野を持つ事が出来そうで日本の子供達にとってもよい環境だと言えるでしょうね。